PRプランナー 妹尾浩二の日記

日々の活動記録

Archive for 3月, 2019

日刊工業新聞掲載「経営士の提言」より

without comments

経営士の提言  「ローカルメディア発・全国ニュース」

民放テレビの東京キー局は、スポンサーが首都圏に集中し、視聴者の半数近くが首都圏と関東周辺に固まっている。よって日々の出来事も新商品も旅もイベントも、関東近郊の情報が偏重されてきた。

 ところが近年、「地方創生」の流れを受けて、東京キー局もニュース・情報番組内で地方の情報を意図的に多く取りあげる方向への変化がみられる。

こうした、地方の話題を積極的に紹介するのは、NHKのニュースや情報番組では従前からあったが、民放では2007年に始まった日本テレビ系列の『秘密のケンミンSHOW』がひとつのきっかけだったように思う。さらに2011年の東日本大震災などを経て、メディアは東京と地方、人と人をつなぐ役割が重要だと改めて認識したのではないだろうか。

地方の中小企業が全国に向けて発信したいときは、東京の新聞社やキー局の番組あてにプレスリリースを送るほか、通信社に情報を提供する方法もあるが、これだとニュースとして取り上げられるためのハードルが非常に高い。

 地方から全国展開を目指す企業は「地元で話題になっても仕方ない」としてローカルメディアを軽視する傾向がある。しかし今、地方メディアで報道されたニュースが全国メディアに波及していく確率が高まっている。このチャンスを生かすべきだ。

また、新聞の地方紙でもデジタル版が普及し、ローカル局も放送したニュース内容をWebサイトにあげるケースが増えてきた。直接Yahoo!ニュースなどのニュースサイトに記事が転載されることも多い。インターネット上に掲載された記事の一部はストック情報として、検索されやすくなり、全国メディアのアンテナに引っ掛かりやすくもなっているのだ。

こうした状況下で、地方の中小企業はローカルメディアへのアプローチも積極的に進めて欲しい。

Written by 妹尾浩二

3月 7th, 2019 at 10:24 am

Posted in 未分類