PRプランナー 妹尾浩二の日記

日々の活動記録

銀行にて PR戦略相談会

without comments

昨日、当社の取引銀行の主催で「PR戦略相談会」という催しを実施していただきました。

1社1時間で5社限定ということだったのですが、事前お申し込みが多く、

急きょ時間を前後に1時間ずつ延ばして7社の方からのご相談をお受けしました。

一日中しゃべりっぱなしで疲れました~。

会社の売上規模としては数千万円の小売店から数十億円規模のメーカーまで。

お話しを聞くと、良い商品、良いサービスはありながら、従来の営業スタイルではなかなか成果が出ず、

市場の縮小などによって利益の減少に悩んでいる経営者の方が多かったです。

共通する課題はやはり、情報発信力が絶対的に弱いということ。

良いもの、良いサービスをつくることは必要条件ではありますが、十分条件ではありません。

特に、新規の顧客を獲得しようとすれば、その商品やサービスをいかに「良さそう」に見せるかが

カギになります。

人は「良いもの」だから買うのではなくて、人の口コミやネットの書き込みや、売り場での見た目で、

「良さそうなもの」を選んで買うのです。

「本当に良いもの」の追求も大事ですが、「良さそうな」「良さそうに見える」ものとしての演出が

必要なんですよ、そのためにはマスメディアで取り上げられ褒められることや、SNSなどネット上で

良い評判を広めることなど、戦略的に情報を発信し、「良さそう」というイメージを作り上げていく

ことが欠かせません、ということを来られた相談者の皆様にお伝えしました。

Written by ADMIN

6月 13th, 2015 at 5:12 pm