PRプランナー 妹尾浩二の日記

日々の活動記録

転勤シーズン

without comments

春。会社では人事異動のシーズンです。私がお付き合いしているメディアの記者さんも、3月末で転勤される方が大勢います。全国紙の地方支局はみな3年前後で転勤があります。サラリーマンの宿命ですね。

こちらに赴任される若手の記者は、ほとんど東京か大阪から初めて四国にやって来る方たち。そんな彼らが高松を去っていくときに聞いてみると、皆一様に「高松は良かったです」「転勤したくない」と言ってくれる。さみしい中にも、何度聞いても嬉しくなる言葉です。

転勤していく記者さんに、高松のどこが良かったですか?と聞くと、「精神的に楽だった」という声がほとんど。

東京や大阪の本社では時間に追われ、一時も気が休まらなかったけれど、支局では仕事にも心にも余裕をもって過ごせたようです。

そして、昼飯は毎日うどんで済むし、仕事帰りに街へ出ても、安くておいしい飲み屋がたくさんあり経済的に助かったという声も多いです。

「取材で会う人がみんな優しかった」という感想もよく聞きます。中には、高松で退社して住みついてしまう記者も結構いたりします。ずっとこの街に暮らしていると忘れがちなこの街の良さを、外から来た人たちが肌で感じてくれてるんですね。

Written by 妹尾浩二

3月 30th, 2017 at 11:50 pm

Posted in オフタイム