PRプランナー 妹尾浩二の日記

日々の活動記録

Archive for 3月, 2017

転勤シーズン

without comments

春。会社では人事異動のシーズンです。私がお付き合いしているメディアの記者さんも、3月末で転勤される方が大勢います。全国紙の地方支局はみな3年前後で転勤があります。サラリーマンの宿命ですね。

こちらに赴任される若手の記者は、ほとんど東京か大阪から初めて四国にやって来る方たち。そんな彼らが高松を去っていくときに聞いてみると、皆一様に「高松は良かったです」「転勤したくない」と言ってくれる。さみしい中にも、何度聞いても嬉しくなる言葉です。

転勤していく記者さんに、高松のどこが良かったですか?と聞くと、「精神的に楽だった」という声がほとんど。

東京や大阪の本社では時間に追われ、一時も気が休まらなかったけれど、支局では仕事にも心にも余裕をもって過ごせたようです。

そして、昼飯は毎日うどんで済むし、仕事帰りに街へ出ても、安くておいしい飲み屋がたくさんあり経済的に助かったという声も多いです。

「取材で会う人がみんな優しかった」という感想もよく聞きます。中には、高松で退社して住みついてしまう記者も結構いたりします。ずっとこの街に暮らしていると忘れがちなこの街の良さを、外から来た人たちが肌で感じてくれてるんですね。

Written by 妹尾浩二

3月 30th, 2017 at 11:50 pm

Posted in オフタイム

春の歌

without comments

この季節、テレビの歌番組などで「春といえばこの歌ランキング」などというものを目にします。毎年毎年、同じ企画の繰り返しが成立するのも、日本人にとって、春が特別な季節だからでしょう。

春をイメージする歌として、「卒業写真」「さくら(森山直太朗)」「春一番(キャンディーズ)」などの曲目が上がっていましたが、私自身、いつ聴いても感動する春の歌は「仰げば尊し」なんですね。

私たちの世代は小・中・高校の卒業式で「仰げば尊し」を歌いました。名曲です。体育館にピアノのイントロが流れると、ジーンときます。その歌が卒業式で歌われなくなったのは10数年前から。「教師への感謝を強要するのは不当」「立身出世を奨励し競争社会を煽っている」「歌詞が文語体で子供には難しい」・・・、まあ、そんな理由でクレームをつけた親がいるからということですが、私はこの歌に難癖をつける理由がわかりません。

「わが師」は教師だけではなく、先輩、親、お世話になった周りの人すべてのことだと思いますし、「身を立て名をあげ・・・」も、政治家や有名人になれというのでなく「社会の役に立つ人になりなさい」という教えだと捉えています。ぜひ全国の卒業式で歌い続けられて欲しいなあ。

それには、教師の側で判断するのでなく、卒業生たちから自主的に「仰げば尊しを歌いたい」という声が上がってくるのが理想なんでしょうね。

Written by 妹尾浩二

3月 27th, 2017 at 6:15 pm

Posted in オフタイム