PRプランナー 妹尾浩二の日記

日々の活動記録

Archive for 4月, 2016

高松発 幕末の伝説愛の物語

without comments

幕末から明治の激動の時代に、高松藩と彦根藩の間で本当にあった愛の物語を新作オペラで披露。

第11代高松藩主松平賴聰と彦根藩主井伊直弼の娘・弥千代の実話を元にした歌劇「伝説愛の歌物語」の公演が、4月21日、22日に高松市の玉藻公園披雲閣で行われました。

2日間とも定員の200名を超える方にご来場いただき、大盛況に終わることができました。

私も広報スタッフ兼 陰アナとして参加させてもらいましたが、歌い手の方、奏者の方、作曲・演出、お花、すべてが素晴らしく、感動的なステージが出来上がっていました。

こんな感動的なストーリーが、市民にさえ広く知られていなかったことが不思議なほどです。これを機会に、高松市と彦根市が協力して全国に伝えていき、いつか大河ドラマのテーマとして注目されるようになればいいなと思っています。

次は、7月の「婚活列車」に向けてPR頑張ります。

13007111_983474545020967_1218906950767954263_n13087560_984559911579097_923168660479394415_n

Written by COZYSENOO

4月 24th, 2016 at 2:30 pm

Posted in オンタイム

熊本地震と危機管理広報

without comments

0021220505先週末に熊本県・大分県で起きた大地震の被災者の方々にはお見舞い申し上げます。一日も早い地震の収束と日常生活の復活を願うばかりです。

さて、今回の地震で一番ショックを受けたのが、熊本市にあるマンションの被害の報道。二棟連結したマンションの渡り廊下部分に亀裂が入った映像が大々的に流れたこと。この建物、私の古巣であるA社が施工・販売したマンションでした。

「マンションが重大な被害を受けた」とニュースで報道され、渡り廊下の床に隙間ができ、壁が落ちている映像を見せられると、相当ひどい被害が出ていて「このマンションにはもう住めない」かのような印象を受けますが、実際はマンションの本体にはほぼ影響はないであろうとのことです。

この渡り廊下の継ぎ目は「エキスパンションジョイント」といって、二つの建物を隣接して建てるとき、地震の時建物本体に致命的な被害が出ないように設計された「クラッシャブルゾーン」なんですね。今回の地震では、ふたつの建物が不規則な方向に大きく揺れたため、この部分が壊れることによって建物本体の損傷を減らしたわけです。

その狙いが正しく達成できていたとすれば、A社としては喜ぶべきことなのですが、これからの調査でもし建物本体に致命的な損傷が発見されたら、それはそれで大きな問題となります。

今のところ、A社のホームページを見る限りではこの件について何のコメントも出されていません。しかし、このニュースを見せられた一般の人たちは、「エキスパンションジョイント」の役割や意味が理解できていないために、欠陥マンションかと誤解をされる可能性もありますし、実際住んでいる住民の方にとっては、このまま住んでいて危なくないのだろうかと心配にもなります。こうした、「社会が知りたい要求」にはタイムリーに答えていくことも広報の役割です。

私がもし広報担当であれば、会社として(建設本部長名で)本件に関する見解を出すよう進言していたでしょう。エキスパンションジョイントの構造や役割を説明したうえで、建物の倒壊の可能性、修復の可否などについて、言葉を選びながらもできるだけ理解を得られるように努力するはずです。

それをしなければ、意図しない切り口で報じられたニュースが独り歩きして、設計ミスや施工不良など会社の責任を追及する声が増幅されかねません。物件の資産価値にも大きく影響してきます。

広報には早急に何らかのコメントが発表されるのを期待したいところです。

Written by COZYSENOO

4月 19th, 2016 at 12:41 pm

Posted in オンタイム

高松城・彦根城姉妹城都市提携50周年 婚活列車(サロンカーなにわ)が走ります!

without comments

高松市(高松城)・彦根市(彦根城)の姉妹城都市提携から今年で50年になるのを記念して、民間有志の実行委員会が7月に、彦根と高松を結ぶ「婚活列車」を実施・・・私も広報担当メンバーとして実行委員会に参加しています。

高松藩最後の藩主松平賴總公と、彦根藩主井伊直弼公の次女・弥千代姫が幕末に結婚し、桜田門外の変を経て離縁を余儀なくされた後、二人とも独身を貫いて明治になって再び復縁し生涯添い遂げたという「伝説の愛の物語」にあやかった取り組み。婚活イベントはJR西日本の豪華列車「サロンカーなにわ」を使って、高松・彦根の男性と、全国の女性それぞれ38名ずつで行います。

4月6日にはは高松城・玉藻公園の披雲閣で記者会見。多くの新聞社、テレビ、通信社の記者さんに集まっていただきました。

高松と彦根を舞台にした、あまり知られていないけれどドラマチックな「伝説愛」のストーリーを、この機会に全国の方に広く知ってもらい、観光プロモーションにつなげていきたいと思ってます。これからの展開に乞うご期待です。

20160406記者会見の様子

Written by COZYSENOO

4月 8th, 2016 at 10:43 am

Posted in オンタイム