PRプランナー 妹尾浩二の日記

日々の活動記録

Archive for 4月, 2014

初フルマラソンに挑戦してきました。

without comments

4月20日、とくしまマラソンに初挑戦してきました。

マラソンを始めるきっかけといえば、50歳を前にして、自分の後半生の中で実現できるプログラムを考えたとき、「富士山登頂」「四国八十八箇所歩き遍路結願」と並んで、「フルマラソン完走」がひとつの目標として浮かんだからです。今ならまだ、頑張れば間に合うような気がしたから。

もちろん練習せずにぶっつけ本番で走り切れるほど、若くもありません。無理をして体を壊しては仕事にも差し支えるし。2年前から少しずつ走り出して、ハーフマラソンも2回経験して、自分なりに周到な準備をして臨んだとくしまマラソン。でも、42.195キロ先のゴールは想像以上に遠かったです。

とくしまマラソンは出場者が1万人を超え、全国のマラソンランナーの間でも人気が高い大会と言われています。アップダウンの少ない平坦なコース、吉野川の雄大な流れを眺めながら走れること、何より、地元の方の応援とエイド(給水所、救護所、食事、トイレなど)の充実は全国随一だそうです。実際走ってみて、スタートからゴールまでずっと沿道から応援してもらえるし、水も栄養補給も全く心配ない行き届いたホスピタリティには驚きました。景色も素晴らしく、応援の人たちとハイタッチしながら、終始楽しんで走ることができました。

初めてのフルマラソン、自分自身の目標は「5時間以内で走る」ことでした。前半は結構余裕のペース配分で「あわよくば4時間半も切れるんじゃなかろうか」と思うくらい快調でした。しかし、25キロ付近で足のマメが痛み始め、30キロからは歩きも入って徐々にペースダウン。そこからの道のりが長いこと。10キロあまりがこれほど遠いと感じたことは一度もありません。最終的には4時間43分14秒。目標の5時間切りはなんとかクリアしましたが、最後はほとんど泣きそうなくらいの辛いゴールでした。

ランナーズ「全国マラソンランキング記録集」によると、男性のフルマラソン平均タイムは4時間38分25秒だそうで、私のタイムはほぼ平均に近いレベルだったことがわかります。運動が決して得意なほうじゃなかった私が50代にして初のフルマラソンでこのタイムは、結構褒められてもいいんじゃなかろうか、と自画自賛。

マラソンを一回完走したからといって何がどう変わるわけでもないかも知れません。でも、これまでの「フルマラソンを経験していない自分」とは違う自分がここにいることだけは確かなんですね。

勝ちも負けもない。形容しがたい自己満足だけがそこにある。マラソンって、つくづく不思議なスポーツだと思います。

DSC_2551DSC_2557

Written by COZYSENOO

4月 21st, 2014 at 10:52 pm

Posted in 未分類