PRプランナー 妹尾浩二の日記

日々の活動記録

Archive for 11月, 2012

商工会連合会創業塾にて

without comments

香川県商工会連合会の創業塾フォローアップセミナーで講師をつとめました。

P1050997

すでに創業した方、準備中の方。皆さん一国一城の主を目指して、得意な分野で勝負しようとされています。それぞれの夢にそれぞれの道があり、それぞれの歩き方がある。

皆さんの未来に少しでも幸運を呼ぶきっかけになれればとの想いで、精一杯お伝えしたつもりです。

Written by COZYSENOO

11月 27th, 2012 at 10:58 pm

Posted in オンタイム

NPO四国ステップアップ・コンサルティンググループ講演会

without comments

P1050991私の所属するNPO法人、四国ステップアップ・コンサルティンググループの講演会の講師をつとめました。

今日のお話は、「中小企業のためのマスコミ広報・PR術」。中小企業経営者であって、広報活動にまだあまり取り組まれていない方が参加者の大半でしたので、広報PRの基本から、ニュースネタの作り方、プレスリリースの発信方法、情報連鎖のつくりかたなど、概略をご説明するだけで終ってしまいました。

本来であれば本格的にPRに取り組むためのスタートアップセミナーを2,3日かけてじっくりとやりたいのですが、参加者の方にその時間の余裕がないようで実現していません。

今日、特に強調したのは、新商品・サービスの発売時期にだけマスコミにアプローチする「ときたま広報」から脱却して、会社の経営ビジョンを踏まえてPR戦略を立て、それに基づいてニュースになる商品を開発し、ネタがなければネタを企画し、継続的にメディアに向けて情報発信して欲しいということでした。

聴講していただいた方は約30名。ご参加ありがとうございました。

Written by COZYSENOO

11月 25th, 2012 at 9:00 pm

飽きないでください。

without comments

2012年11月16日の日本経済新聞のコラム「春秋」にこんな話が載っていました。

歌手のユーミン(松任谷由実)さんが、女優の森みつ子さんに「私はこんなにステージをやってきて、お客さんも喜んでくれているけど、この先に何があるんですか」と尋ねたとき、森さんはこう言ったそうです。「飽きないでください。それだけでいいです」。

先日亡くなられた森みつ子さんは、お芝居の舞台で「放浪記」の主人公を41歳から48年間、2017回も演じ続けて来られました。同じ舞台で同じせりふを何度も何度も繰り返していれば、普通の人ならきっと飽きて、もっと斬新なことをしたいと思うに違いありません。

でも、演じる人は同じでも、観客は毎回違う。周りの環境は日ごとに同じというわけではありません。そう考えれば、同じことを繰り返しているようでも、毎回新しい出逢いが生まれてきていたわけですね。

私たちの仕事も、常に革新的なことを行なうのを良しとする傾向がありますが、同じ(に見える)ことを何十年もひたすら磨き続けていくことにも大きな価値があるのです。元来の飽き症の私にとっては難しいことですが、この道で生きていくと決めたからにはもっともっと、この道を究めるために、基本練習の繰り返しを飽きずに続けていかなくてはならないと感じています。

Written by COZYSENOO

11月 16th, 2012 at 9:55 am

Posted in オフタイム

あまりにもマニアックな豆腐

without comments

11月に入って、一気に寒さがやってきました。つい2週間ほど前まで「暑い」と言っていたのがウソのようですね。

寒くなってくると我が家の「鍋もの指数」もぐぐっとアップ。そんな中、今ちょっと気になっている商品があります。それが、「鍋用!ズゴックとうふ」。

ジオン公国軍の水陸両用モビルスーツ「ズゴック」の頭部をモチーフとしたもので、水面から連邦軍の様子を伺うズゴックを再現・・・。なんて言われても、普通の人はなんのことかサッパリわからない。

これは、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する敵方のモビルスーツ(ロボット)の形をした容器に入ったお豆腐のことです。群馬県の豆腐メーカー、相模屋食料が10月に発売して、話題になっています。今年3月に発売した第一弾の「ザク豆腐」はすでに150万丁も売れたとのこと。全国のガンダムファンの間では圧倒的な人気になって、30代から40代のお父さんたちがスーパーでまとめて買っていく様子を、先日テレビのニュースで見かけて目を奪われたのです。

まあ、私自身はガンダムには興味を持ったこともないですし、この商品が欲しいとも思わないのですが、そのコンセプトとPR戦略には驚愕し脱帽しました。

元はといえば、相模屋食料の社長が子供の頃からガンダムの大ファンだったというのですが、この社長の熱烈ファンぶりは尋常じゃありませんね。普通なら、商品開発の段階で「ガンダム豆腐」になるでしょ。これであれば女性や子供にもわかるし、話題も広がりやすいと思う。それが「ズゴック」やら「ザク」やら敵方のキャラクターとなると、ガンダムを知っている人の中でも、半分以上は理解できないんじゃないでしょうか。

でも、そこが商品開発の面白いところ。もし「ガンダム豆腐」だったら、ガンダムのコアなファンたちがどうしても買いたい商品にはならなかったでしょうし、ここまでメディアで取り上げられることも、口コミが広がることもなかったでしょう。豆腐というコモディティ商品でありながらあまりにもマニアックなアイテムである、それを作った社長がまた、熱狂的なガンダムファンであるというところが、意外性の部分で突出しているわけです。

コアなガンダムファンはこれを買って帰り鍋に入れて、「出たなズゴック!」なんて子供と一緒に、あるいは一人で密かに楽しむんでしょう。

私はまだ買っていないけど食べてみたい。ところで、四国でも買えるのかな?
imagesズゴックとうふhttp://sagamiya-kk.co.jp/release/rel_2012_07.html

Written by COZYSENOO

11月 2nd, 2012 at 8:14 pm

Posted in 未分類