PRプランナー 妹尾浩二の日記

日々の活動記録

Archive for the ‘未分類’ Category

クイック・レスポンス

without comments

今日、私どものクライアント企業がテレビの取材を受けました。地場の主力産業と地域の伝統工芸がコラボした新商品の開発について、先日プレスリリースを配信した案件の取材です。

午前10時から、製品と製造現場の様子の撮影、さらに企画担当社員とコラボ先の工芸職人さんのインタビューまで1時間弱で取材を終えて、タクシーで片道約30分の局まで取って返し、大急ぎで編集して、お昼12時15分からのローカルニュースで放映するといいます。

放送されたニュースを見ると、2分程度にきっちりとまとめられ、映像もインタビューもわかりやすく編集してあり、いつもながら、さすがにプロの仕事だなあと感服しました。

テレビだけでなく新聞記者も、夕刊や朝刊の締め切りに最新の原稿を間に合わせるため、時間との勝負をしています。メディアの人々はこのように、一刻を争う世界で生きているのです。

広報担当者が記者対応で心がけるべきことはいくつもありますが、「クイック・レスポンス」もそのひとつ。彼らは正しい情報を視聴者・読者に伝えていくために、限られた時間の中で質問や念押しを矢継ぎ早にしてきます。記者からの問い合わせに広報担当者が「社長が出張中でお答えできません」「担当者の携帯につながりません」などとぐずぐずしていると、報道されるチャンスをみすみす逃してしまい、その機会損失ははかり知れません。

記者の向こうに何十万、何百万人というお客様がいることを肝に銘じておけば、問い合わせやリクエストに即座に対応しないわけにはいかなくなるでしょう。広報はスピードが命、質問へのクイック・レスポンスを心がけましょう。

Written by 妹尾浩二

10月 31st, 2017 at 2:59 pm

”紐づける”力

without comments

「紐づける」という言葉を最近よく聞くようになりました。特にIT関連業界で、特定のデータと他のデータを相互に関連付ける、という意味でよく用いられています。

企業のPRでは、自社の取り組みと社会の話題を「紐づける」意識が、ニュースづくりに大いに役立ちます。

たとえば、10月17日の朝日新聞のコラムにこんな記事が掲載されていました。

阪神百貨店で海産物や鮮魚を特売する『かいさん そうせんぎょセール』が始まり、生鮮バイヤーが扮した「おさかな党党首」が、「公約は3本の骨。鮮度、おいしさ、お買い得です」という「鮮魚演説」を行ったというものです。

「解散」「選挙」と「海産」「鮮魚」の語呂合わせがぴったりはまって見事なパロディとなっていますね。今回で5度目の催しということですが、大きな選挙があるたびにプレスリリースすることによってメディアに取り上げられ、お客さんにもお馴染みになっているようです。

こんなダジャレは誰でも考え付きそうなことですが、どこよりも先に手を上げた者がニュースに登場し、あとから気が付いても二番煎じとなってその効果はぐっと落ちてしまいます。自社の取り組みや新しい情報と社会の動き・話題を「紐づける」意識があるかないかで、その瞬発力に差が出てきます。

広報担当者には、社内と社会の情報をパズルのように組み合わせ、関連付けてニュースを作る「紐づけセンス」が必要なんですね。

http://www.asahi.com/articles/photo/AS20171016003249.html

 

Written by 妹尾浩二

10月 17th, 2017 at 3:45 pm

神戸製鋼事件と池井戸潤作品

without comments

神戸製鋼が製品の検査データを改ざんしていたことが報道されています。業界最大手の製品は自動車から新幹線、飛行機、最新鋭のロケットにまで使われ、もし部品が損傷すれば重大な事故につながる可能性もあります。想像するだけで恐ろしい。

製品の強度基準の改ざんと偽装、そして隠ぺいの状況は、池井戸潤さんの小説「七つの会議」の中身とそっくりです。「七つの会議」は、中堅電機メーカーでコストカットのためにネジの強度不足を知りながら製品を出荷していたことが発覚し、それを公表してリコールするかどうかについて個人と会社と社会の正義がぶつかり合う、というストーリー。

どこの会社でも、激しい競争にさらされ、利益や売上達成のために必死で取り組む中で、ついルールを逸脱してしまったり、不正を見て見ぬふりをしてしまったりすることがあるのでしょう。しかしいったん明るみに出れば、会社はそれを黙認しても社会は許してくれません。

神戸製鋼のトップが会見で「会社の信頼は地に落ちた」と言われていましたがまさにその通り。信頼を築くには何年も何十年もかかりますが、信頼を損なうのは一瞬です。神戸製鋼に友人もいますし、ラグビーでも応援しています。ぜひこれから時間をかけて、信頼とブランドを取り戻してください。

余談ですが、ちょうど今日、10月15日から池井戸潤さん原作のTBS日曜ドラマ「陸王」がスタートします。あの小説の場面がどんな描かれ方をするのか楽しみです。中小企業が舞台の池井戸ドラマは経営者必見ですね。

Written by 妹尾浩二

10月 15th, 2017 at 9:56 am

Posted in 未分類

地図に残る仕事

without comments

アニメ映画の「君の名は」が

興行収入150億円を超える大ヒットになっていますindex

ジブリをしのぐ人気のわけは、奇想天外なストーリーと

新海誠監督の手がける風景描写の精緻さと美しさ・・・

などと書かれています。

流行りものは「とりあえず試してみる派」ですが、

「君の名は」はまだ見に行けていません。

上映期間中にはぜひいちど見たいものです。

そこで、YouTubeで動画を検索したら、

見覚えのあるCMがありました。

大成建設の「地図に残る仕事」シリーズのリクルート広告。maxresdefault

https://www.youtube.com/watch?v=hNqF_qywAl8

コピーも秀逸でしたが、

新海監督のアニメが加わることで新しい世界観が感じられます。

大成建設に応募する学生が増えたのではないでしょうか。

ウィキペディアで調べてみると、新海監督のお父さんは

長野で建設会社の社長をされているそうです。

それで大成建設と関係しているわけですね。

「マルコメみそ」、「信濃毎日新聞」は地元長野県つながり。

高松にもこんな天才クリエーターがいたら

地域再生に一役買ってほしい。

Written by COZYSENOO

11月 2nd, 2016 at 12:22 pm

Posted in 未分類

高松経済新聞

without comments

「高松経済新聞」という新聞があります。「日本経済新聞」ではありません。

高松とその周辺地域のニュースやイベント、スポット情報などをWEB上に掲載して発信する、

新しい形のローカルニュースメディアです。

東京の渋谷を中心とした地域の経済関連記事を発信する「シブヤ経済新聞」がスタートで、

これを起点に「みんなの経済新聞ネットワーク」が全国だけでなく、すでに海外にも広がっているんですね。

近県では松山、高知、徳島、岡山、倉敷などでそれぞれの「○○経済新聞」が発行されています。

高松はその点、数年遅れていましたが、今年の3月にようやく発行されました。

「みんなの経済新聞ネットワーク」が素晴らしいのは、各媒体がインターネットでつながっていて、

ひとつのプラットホーム上ですべての記事が読めるということ。

さらに、記事はもれなくYahooニュースと連動していて、

上手くいけばYahooニュースのトップページに掲載される可能性もあるということ。

私自身、このメディアの有用性は非常に高いと感じています。

ぜひ日常的にお付き合いしたいと思って、編集部に電話をして訪ねていったところ、

なんと編集長が私の古巣の会社の取引先のご担当者で、旧知の中だったのです。

かれこれ20年ぶりということで懐かしさがこみ上げてきました。

高松経済新聞、まだまだ活動は小規模ですが、これからどんどん活用していきたいメディアです。

Written by COZYSENOO

5月 26th, 2016 at 2:48 pm

幕末のラブロマンスにスポットを!

without comments

DSC_1021地元高松にあって、これまであまり知られて来なかった

幕末のラブロマンスに光を当てて、

地域活性化の起爆剤にしようとする試みが始まりました。

江戸・徳川時代の高松藩最後の藩主である松平頼聰(まつだいら・よりとし)公と、

江戸幕府大老で彦根藩主の井伊直弼の次女、弥千代姫(やちよひめ)の物語。

二人は幕末から明治の激動の時代に翻弄され、結婚、離縁、復縁という波乱万丈の

時を過ごし、復縁後は明治、大正を仲睦まじく添い遂げて人生を終えたのです。

お家の事情で夫婦の仲を引き裂かれても、

一途に愛して決して他の人と再婚しなかった二人。

この知られざる愛の物語をいま一度見つめ直し、来年に迎える高松市と彦根市の

姉妹城都市縁組50周年にあたっての観光PRのテーマにしていこうというのが

このプロジェクトの趣旨です。


今日は、プロジェクトが製作した「伝説愛の物語」の大絵巻を高松市に寄贈する

記者発表会が高松市の玉藻公園披雲閣で開かれました。

私も広報面でこのプロジェクトを応援していくことになりましたので、

これからいろんなメディアを通じて情報発信していく予定です。

乞うご期待!!


Written by COZYSENOO

7月 4th, 2015 at 5:15 pm

Posted in 未分類

銀行にて PR戦略相談会

without comments

昨日、当社の取引銀行の主催で「PR戦略相談会」という催しを実施していただきました。

1社1時間で5社限定ということだったのですが、事前お申し込みが多く、

急きょ時間を前後に1時間ずつ延ばして7社の方からのご相談をお受けしました。

一日中しゃべりっぱなしで疲れました~。

会社の売上規模としては数千万円の小売店から数十億円規模のメーカーまで。

お話しを聞くと、良い商品、良いサービスはありながら、従来の営業スタイルではなかなか成果が出ず、

市場の縮小などによって利益の減少に悩んでいる経営者の方が多かったです。

共通する課題はやはり、情報発信力が絶対的に弱いということ。

良いもの、良いサービスをつくることは必要条件ではありますが、十分条件ではありません。

特に、新規の顧客を獲得しようとすれば、その商品やサービスをいかに「良さそう」に見せるかが

カギになります。

人は「良いもの」だから買うのではなくて、人の口コミやネットの書き込みや、売り場での見た目で、

「良さそうなもの」を選んで買うのです。

「本当に良いもの」の追求も大事ですが、「良さそうな」「良さそうに見える」ものとしての演出が

必要なんですよ、そのためにはマスメディアで取り上げられ褒められることや、SNSなどネット上で

良い評判を広めることなど、戦略的に情報を発信し、「良さそう」というイメージを作り上げていく

ことが欠かせません、ということを来られた相談者の皆様にお伝えしました。

Written by COZYSENOO

6月 13th, 2015 at 5:12 pm

大好きな「山の映画」が目白押し。

without comments

休みには必ず映画を見る、というほどの映画好きじゃないですが、好きな映画はあります。

「山を舞台にした映画」が好き。SFとかミステリーとかラブコメディとかいうジャンル分けではなくて、画面いっぱいに山の景色が出てくる映画が好きなのです。宇宙でも海でも都会でもなく、舞台が山であり、リアルな登山シーンが出てくる映画。「セブンイヤーズ・イン・チベット」「クライマーズ・ハイ」「アイガー北壁」「八甲田山」「植村直巳物語」・・・洋画でも邦画でも、なんでもいいのです。

私自身の登山経験はと言うと、50歳前後に4度、富士山に登ったほかは、近場の手頃な山への日帰りハイキング程度しかありません。またそれ以上の本格的な登山にも尻ごみしている状態で、登山が趣味というのがおこがましいほどです。

なのに、なぜ、山の映画が好きなのか?それはやはり、数千メートル級の山の景色は神秘的で荘厳であり、何物にも替えがたい魅力を持つからでしょう。あの場に立って、この目で景色を見たいと思う。でも、そこに行く力も機会もない。とりあえず、映画の大画面の中だけでも、雄大な景色に抱かれた気分になりたいと思うわけです。

そんな「山映画好き」の私にとって、嬉しいことにここ最近、山を舞台にした話題の大作映画が次々と公開されています。

第一弾は「K2 初登頂の真実」。世界第二の高峰「K2」に今から60年前に初めて登頂したイタリアの登山隊を描いた映画です。予告編を見ると、満足な装備もない中で、国の威信をかけて挑んだイタリア隊のすさまじさがリアルに描かれているとのこと。今度の日曜日には絶対に見に行こう。

第二弾は、邦画の「春を背負って」。これは立山連邦の山荘が舞台。東京で暮らすサラリーマンの主人公が亡き父の後を継いで山荘に入り、そこを訪れる登山者たちの人生に触れて自分も変わっていくというストーリー。洋画ほどの迫力はないかもしれないですが、「八甲田山」「剣岳 点の記」の木村監督の作品ということも楽しみです。

第三弾は、エベレストの初登頂を描いた「ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂」。これも予告編を見る限りでは大迫力のシーンの連続みたい。こんな過酷な極限地帯にイモトアヤコは挑もうとしていたのか・・・。

どれも早く見たい作品ばかり。この3本を見たら、この夏はまた山に行きたくなってしまうに違いありません。

Written by COZYSENOO

6月 3rd, 2014 at 10:38 pm

Posted in 未分類

初フルマラソンに挑戦してきました。

without comments

4月20日、とくしまマラソンに初挑戦してきました。

マラソンを始めるきっかけといえば、50歳を前にして、自分の後半生の中で実現できるプログラムを考えたとき、「富士山登頂」「四国八十八箇所歩き遍路結願」と並んで、「フルマラソン完走」がひとつの目標として浮かんだからです。今ならまだ、頑張れば間に合うような気がしたから。

もちろん練習せずにぶっつけ本番で走り切れるほど、若くもありません。無理をして体を壊しては仕事にも差し支えるし。2年前から少しずつ走り出して、ハーフマラソンも2回経験して、自分なりに周到な準備をして臨んだとくしまマラソン。でも、42.195キロ先のゴールは想像以上に遠かったです。

とくしまマラソンは出場者が1万人を超え、全国のマラソンランナーの間でも人気が高い大会と言われています。アップダウンの少ない平坦なコース、吉野川の雄大な流れを眺めながら走れること、何より、地元の方の応援とエイド(給水所、救護所、食事、トイレなど)の充実は全国随一だそうです。実際走ってみて、スタートからゴールまでずっと沿道から応援してもらえるし、水も栄養補給も全く心配ない行き届いたホスピタリティには驚きました。景色も素晴らしく、応援の人たちとハイタッチしながら、終始楽しんで走ることができました。

初めてのフルマラソン、自分自身の目標は「5時間以内で走る」ことでした。前半は結構余裕のペース配分で「あわよくば4時間半も切れるんじゃなかろうか」と思うくらい快調でした。しかし、25キロ付近で足のマメが痛み始め、30キロからは歩きも入って徐々にペースダウン。そこからの道のりが長いこと。10キロあまりがこれほど遠いと感じたことは一度もありません。最終的には4時間43分14秒。目標の5時間切りはなんとかクリアしましたが、最後はほとんど泣きそうなくらいの辛いゴールでした。

ランナーズ「全国マラソンランキング記録集」によると、男性のフルマラソン平均タイムは4時間38分25秒だそうで、私のタイムはほぼ平均に近いレベルだったことがわかります。運動が決して得意なほうじゃなかった私が50代にして初のフルマラソンでこのタイムは、結構褒められてもいいんじゃなかろうか、と自画自賛。

マラソンを一回完走したからといって何がどう変わるわけでもないかも知れません。でも、これまでの「フルマラソンを経験していない自分」とは違う自分がここにいることだけは確かなんですね。

勝ちも負けもない。形容しがたい自己満足だけがそこにある。マラソンって、つくづく不思議なスポーツだと思います。

DSC_2551DSC_2557

Written by COZYSENOO

4月 21st, 2014 at 10:52 pm

Posted in 未分類

アウトドアライフの街 吉野川市

without comments

今、徳島県の吉野川市を「アウトドアライフの街」」として売り出す取り組みが始まっています。吉野川市商工会が行っているもので、私は昨年からアドバイザーとして事業化のお手伝いをしています。

吉野川市は阿讃山脈や四国山脈の山々に囲まれ、四国三郎と言われる大河、吉野川に育まれた街。大いなる自然と、文化的な街の環境が隣り合わせにある、稀有なロケーションでもあります。

吉野川市商工会では、この身近な自然資産を産業に生かせないかと昨年から検討を重ねてきました。その中で考えられているのが、親と子供が一緒になって野外で遊び、学べる「親子の外アソビ楽校」を事業化する計画です。

吉野川中流域でのカヌー、標高1200mあまりの高越山(こうつさん)でのトレッキング、ホタルが生息する川田川での川遊びやキャンプ体験などなど、比較的難度が低く、親子で簡単に取り組めるアウトドア・プログラムが数多く組めるのです。これらのアクティビティを組み合わせてサービス化し、受け入れ態勢を整えることで、徳島県内や四国各県、関西地方などから、「子供にアウトドア体験をさせたいけれど家族だけでは難しい」と思っているファミリー層を誘致してこようとしています。まだまだ取り組みは始まったばかりで手探りの状態ではありますが、この地域の自然が持つ「手軽さ」を前面に出していけば、地域活性化ビジネスにつなげていくこともできそうな気がしています。

吉野川市商工会では11月17日に、同市美郷の「ほたる館」で、ノコギリやナイフを使って竹のおもちゃを作ったり、自分で火を起こして飯盒炊さんするなど、ちょっとだけワイルドな体験ができるモニターツアーを開催します。全国どの地域からでも参加できます。定員は40名。詳しくは、吉野川市商工会のホームページをご覧ください。DSC_1753

Written by COZYSENOO

10月 10th, 2013 at 3:14 pm

Posted in 未分類